大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

『どうしてもお金を借りたい時』の気持ちを集めました。

お金を借りたいと思う事は、日本社会に生きている私たちにとって日常のことだと思います。

お金を借りたくないという人は、富裕層に位置付けされる人たちでしょうからそれはそれで幸せな方々だと思います。

どうしてもお金を借りたい…。

お金の相談所が集めた、『どうしてもお金を借りたい時』の気持ちをこれから書いていきたいと思います。


離婚した俺がどうしてもお金を借りたい時の気持ち。

俺は高校を中退して、そのまま建設現場で働きましたが、2年頑張って辞めました。その後は左官工事の職人になりました。そんで20歳の時にコーキングの親方に誘われれて左官を辞めて働きました。22の時に子供が出来て出来ちゃった結婚をしました。そこから3年はきつかったです。お金が全く無くて、消費者金融で借り入れをしながら子供を養いました。嫁も働きに行かずだったのでお金が全く足りなくなりました。その後はケンカして離婚しました。揉めましたが、慰謝料とかは払わなくてよかったです。でもそっから借金の返済の為だけに仕事をしているようなものです。たまにはお金を借りて、パーッと遊びたい。俺がどうしてもお金を借りたい時の気持ちこれくらいですね。やっぱり無計画な結婚はするべきじゃないです。今では後悔しています。


お金を借りたかった、あの日

こんにちは。僕は一時期キャバクラとデリヘルにダブルでハマっていた日がありました。皆さんもありませんか?飲みすぎて記憶を無くすまで飲んだ日々や、または遊んだ青春…。今思うとこれはぼくの青春です。

もう10年近く前ですが、まだ24歳くらいだった僕は、地元のお店で働いていました。その近所には幼馴染の仲間も別のお店で働いていたので、夜12時くらいに仕事が終わったら良く飲みに行っていました。電車も無いので近所かタクシーで行くかって感じでした。そこでお気に入りのお店があったんです。武蔵だったかな?そんな名前の居酒屋です。朝5時まででした。焼酎をキープしてお湯割りです。銀杏と豚の角煮でもつまみながら、朝まで語り合いました。しかし僕はパチンコハマりにハマり、休みの日は毎日朝から並んでいましたね。二日酔いで。

もうお金が無くなるはあっという間ですよ。給料も安かったので、いよいよお金が無くなりましたね。パチンコで勝った時は、キャバクラにハマっていました。もう最悪でしょ?

それから僕はどうしてもお金を借りないとヤバい…、生活が出来ない状況になってしまいました。それからお金を借りたのです。初めての消費者金融でした。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする