大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

債務整理をしたブラックでもチャンスがある!どうてもお金が必要な時は誰でもある。

銀行や消費者金融からお金を借りて、返済に困ってしまった時の手段の一つに、債務整理という方法があります。

これは、借金をチャラにするというイメージがある人もいると思いますが、実際はそうではありません。

借金はチャラにはなりません。

ただ単に、弁護士にお願いをして、金利を減らして分割返済をするということです。

ハッキリ言って、ただの泣き言なのです。

そして債務整理をした場合、多くのサイトなどで言われているブラックとなります。

債務整理自体、悪いことをしているわけではないのですが、信用情報の事故という扱いとなってしまうために、一般的な貸金業者や信販会社からお金を借りる、ということが困難になります。

ブラックとなってしまった後、困るのがお金が借りれなくなってしまい、路頭に迷う人々が増加することです。

例えば、このサイトに訪れているということはブラックだけれども、お金を借りたい」という意識を持っているからでしょう。

なぜ、即日融資が必要なのかは人それぞれなのですが、とにかく「どうしてもお金が必要である」という部分は、皆共通するポイントになっています。

しかし、そもそもなぜ債務整理をしてブラックとなると、お金を借りれなくなるのでしょうか?

その秘密は、株式会社日本信用情報機構(JICC)という場所が握っています。

債務整理などを含め、株式会社日本信用情報機構では、我々日本国民の消費者金融などからの借入金額を掌握しています。

「信用事故」として、お伝えしましたが、株式会社日本信用情報機構に登録されるということが、この「事故」と呼ばれることに直結しているので、いわば信用情報の「犯罪者リスト」とでも言った方が良いかもしれません。

債務整理を今回はベースとしたお話ですが、実際には消費者金融に融資を申込む、審査される、借りる、延滞するなどの全ての情報が盛り込まれます。

例えば、Aという消費者金融でお金を借りていた場合、1月25日が返済日であるにも関わらず、3月以降も滞納してしまった場合、株式会社日本信用情報機構に登録されてしまいます。

その登録機関ですが、この延滞をしている期間中はずっとです。

言い換えると、延滞・滞納を3ヶ月以上している状態の場合、信用事故を起こしている、ということになりますので、お金を別の消費者金融で借りることが困難になります。それがブラックと言われる由縁です。

また、こういった延滞はマズいだろう、ということで全額延滞分を支払ったとしても、株式会社日本信用情報機構ではまだ延滞をしていた、という情報が残ってしまうので注意です。

基本的には、延滞をしてから1年あまり株式会社日本信用情報機構に事故記録が残される、と考えて良いでしょう。

そして、今回の債務整理なのですが、事故記録としては株式会社日本信用情報機構へ5年は残されてしまうので注意です。

ある意味では、7年とも言われており、この辺りは不明です。

自己破産や個人再生申立に関しても5年と言われていますが、一説によると10年とも言われているので、かなりの年数、ブラックとしてい続けなければならない、ということなります。

こういった債務整理などでブラックとなってしまった人の場合、もしお金を借りたいと思っても、普通の大手消費者金融では借りることが極めて困難です。

大手消費者金融やクレジットカードなど、そういった金貸しを生業としている業者は、審査でこの株式会社日本信用情報機構に、必ず問い合わせを行います。

信用事故がある、ということは大手消費者金融など、金融業者からしてみればリスクとなります。

延滞の可能性、さらには債務整理や自己破産などをしていた場合、どういった理由があっても、借金を無いことにされてしまったら話になりません。

「お金にルーズな超危険人物」としてレッテルが貼られてしまい、結果的にどこからもお金を借りることができない、ブラックとして生き続けるしか無いのです。

とはいえ、本当にお金を借りれる場所がどこにも無くなり、それでもお金を借りなければならない、というシチュエーションとなった方はどうすれば良いのでしょうか?

そのまま、人間関係も崩壊させ、家族離散し、何もかもを失っても、国は平気な顔で「自己都合ですよね?」と、厳しい対応をし続けるのでしょうか。

実は、このサイトで紹介している消費者金融は、ブラックでもお金を借りる事ができる、そういった優良な消費者金融だけを集めています。

本来、消費者金融ではお金をブラックには簡単に貸すことはありません。

ここで紹介している消費者金融は、確かにJICCなどにも問い合わせをすることはあります。

しかし、大きく違っているのが、個人の返済能力の有無を重視して、お金を融資するか否かを決めている、という部分です。

ブラックであっても、社会人として努力しながら生き続けている、そういった方は少なくはありません。

返済する能力がありながらも、1円も借りれない、というのはある意味では人権損害です。

ブラックでもお金を貸してくれるサイトの場合、データだけに縛られた、無慈悲なやり方は一切しません。

その人となりをしっかりと見つめてくれ、返済ができる能力がある、ということが見なされるのであればブラックであっても、お金を即日融資してもらえるのです。

ブラックだろうが、何だろうが、お金が重要になることは長い人生の中で多々あります。

そんな時、昔返済が滞ったとか、借金の知識が少なかったために債務整理をしてしまった、という人たちに再起の手を差し伸べれない、というのは金融業者としていかがなものか、というのが筆者の意見です。

ブラックだからこそ、今後を期待してお金を借りれる、そんな消費者金融を選んでいきましょう。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする