大手消費者金融の審査に落ちた…そんな貴方を地方消費者金融が救いの手を差し伸べます。ここのサラ金なら、どうしてもお金を借りたい時に、借りれます!

どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?

お金を借りる…。これは人にとっての永遠のテーマです。

昨日とあるテレビ番組を見ておりましたが、人間の脳についての討論でした。

神奈川県座間市であった、猟奇的殺人事件。

この犯人は、人を殺すことに快感を覚え、次々と殺人を犯しました。

これを医学的に見て、現役のお医者さんたちが討論するというものでした。

そのほとんどの方の意思が、こういったキチガイ的な殺人犯は病気ではなく、嗜好の問題である…と。そう答えていました。

つまりは数百人、数千人、数千万人に一人、先天的に遺伝子がおかしくなり、快楽を覚えるドーパミン分泌に異常がある。なので人を殺して快感を覚えてまた繰り返すことは、至って自然なことなのだ。という意見もあったわけです。納得です。

強姦・児童性愛(ペドフィリア)も同じであり、先天的なものと後天的なものがある。どちらかかというと、ペドフィリアは後天性か。

ある医師は、「これらの人間は、隔離させてるべきである。ノーマルな人間と共存は出来ない。」と声を大にして行っておりました。

つまりは「性的被害者が必ず居る。だからそんな性犯罪者との共存を認める事は、到底できない。」ということです。

確かに私も、人権派だとかいう人は偽善者にしか見えません。自分の身内がとんでもないレイプ被害を受けても、人権と言って加害者を守れるのか?という事ですね。

そもそもは、社会的秩序の問題です。

ちつ‐じょ【秩序】の意味
出典:デジタル大辞泉(小学館)

1 物事を行う場合の正しい順序・筋道。「秩序を立てて考える」

2 その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。「学校の秩序を乱す」

近年はグローバル化と言われていますが、ここは日本であり、日本の文化というものがあります。

日本の秩序も当然ながらあります。しかし今は、超情報化社会になってしまい、世界運命共同体のような考えを持った人が多くなってしまいました。

そして近年は、トランスジェンダー(ホモ・オカマ・ゲイ・レズなど)に寛容になってしまってことで、社会的秩序の乱れが起きている。

同性愛の性交渉から性病の蔓延にもつながる。その医師は、そのようにも言っていたのです。

私も同意見でした。物凄く納得しました。

しかし、そんな考え方すらも、「こんな過激な意見を言ったらいけない!」という社会論調。風潮。

そんなマスコミもダメだと、その医師は言っていました。その医師は、特別に過激な思想ではありません。純粋な日本の誇りを持った考えです。

ダメなものは、ダメ。

道徳的・生理的な順序がある。

日本古来特有の伝統がある。

寛容になりすぎてはダメなんです。

少し熱くなってしまいましたが、お金・キャッシング・消費者金融にも、同じような事が言えると思うんです。

タイトルにある通り、「どうして人は、お金を借りてまで遊ぶのか?」という所です。

まあ「遊ぶ」っていう事は、早い話「博打」です。

他にもキャバクラやダンスクラブなど女にハマってキャッシングをする人も多いです。

そしてそれには全て、お酒が付いてきます。

「飲む・打つ・買う」

これは、昔から言われてきた男が遊ぶための言葉です。

「お酒を飲む。賭博を打つ。女を買う。」

うーん、最高です。

お酒は飲まない男性もいるでしょう。博打をしない男性もいるでしょう。女が嫌いな男性はほとんど居ません。

私は全て好きです。

これをする為には、どうしてもお金が必要です。

遊びたい=お金が無いから遊べない=我慢できない=お金を借りたい。

このように、自分の欲求を満たす為に、人はお金を借りたいと思うのではないでしょうか?

今の私も、お酒を飲んで遊びたい・パチンコがしたい・ギャルと遊びたい…。そういう想いは常にあります。

思い返せば、確かにその気持ちでお金を借りました。

とにかく、お金を借りて、遊びたい。

そんな気持ちを持った人が、どうしてもお金を借りたいお金の相談所管理人です。

どうしても、お金を借りたい…っ!!!そんな時に、ここのサラ金がある↓

どこからもお金を借りれなくなった…。そんな、どうしてもお金を借りたい人が借りれる、消費者金融です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする